加齢とともに筋力は衰える!筋力の衰えを防ぐには?

加齢とともに筋力は衰える!筋力の衰えを防ぐには?

加齢とともに、体力低下や筋肉の衰えを感じる人は珍しくありません。しかし、なんとなく体が衰えているのを感じていても、その具体的な理由までは知らない人が多いのではないでしょうか?加齢とともに訪れる体力低下や筋肉の衰えについて解説しますので、対処法と併せてご覧ください。

なぜ筋肉は衰える?

なぜ筋肉は衰える?

年齢とともに体の動きが悪くなる原因は、骨格筋の衰えが関係しています。骨格筋とは人が意識して動かせる筋肉のことで、体重の約4割を占める大きな器官です。この骨格筋が衰えると、体の敏捷性や柔軟性は落ちてしまいます。

筋肉量の低下

筋肉量は40代から急激に低下するといわれており、特に下肢の低下率は上肢と比べ、3倍も大きいことがわかっています。そのため、足の衰えが激しくなると、ただ歩いているだけでも躓くようになり、思わぬ事故に遭うリスクが高くなってしまうのです。

筋線維の変化

筋肉を構成する筋線維をみると、その数は20代に比べ70代以降で半減します。線維の太さでは遅筋線維より速筋線維のほうが影響を受けやすく、20代と比較すると、70代以降では3割程度細くなってしまいます。こうした変化によって線維と線維の隙間が広がると、隙間に細胞を満たす液体(間質液)がたまることでむくみが生じ、力を発揮しにくい筋肉へと変わってしまうのです。

体力低下を感じたときは加齢とともに衰える筋肉にも注目し、普段から対策を練っていくことが大切です。

筋肉の衰えを予防するトレーニング方法

筋肉の衰えを予防するトレーニング方法

よく健康的な運動法としてウォーキングが挙げられますが、ただ歩数を稼ぐだけの運動になっていませんか?大切なのは歩数よりも「運動の質」です。「運動の質」を上げ筋肉に適度な刺激を与えることで、効率的に鍛えることができるでしょう。

こちらでは、ウォーキングの他におすすめのトレーニング方法をご紹介します。

枕を使った内転筋を鍛える運動

  • ・まっすぐ立って足を開く
  • ・膝のあたりで硬めの枕を挟む
  • ・枕を挟んだまま内側に力を入れる
  • ・3秒状態を保ち、それを3~5回程度繰り返す

ベッドがあるだけでOK!ハムストリングスを鍛える運動

  • ・立った状態でベッドの下部分に足首を引っかける
  • ・足を持ち上げるように力を入れる
  • ・5秒状態を保ち、それを3~5回程度繰り返す
  • (転倒しないよう壁に体を預けながら行うことをおすすめします。)

イスを使った腸腰筋を鍛える運動

  • ・イスに座り膝に手を置く
  • ・膝を上げ、片手に力を入れる
  • ・太ももと片手が反発しあうような状態にする
  • ・3秒状態を保ち、片足ずつ5回ずつ繰り返す

体力低下や筋肉の衰えに悩んでいるシニアの方は少なくありません。筋肉の衰えを防ぐためにも、運動で体を動かして筋肉を鍛え、栄養バランスの良い食事をとることが大切です。食事だけでは不足しやすい栄養素につきましては、サプリを活用すると上手く取り入れられるでしょう。サプリならばいつでも気軽に取り入れることができるため、サプリを通販でお探しの方は、ぜひAGAVEをご利用ください。

体力低下が発生したら食生活を見直そう!AGAVEのサプリで栄養補給を

会社名 AGAVE(アガヴェ)
代表者 田路 洋明
TEL 〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通7丁目1−6 日光ビル402
電話 090-1154-6892
URL http://agavekobe.com
業務内容 HMBのサプリを通販にてお買い求めいただけます。口コミでも話題の商品となっています。その他、各種サプリメント、原材料にこだわった自社のサプリをご用意しています。商品についてご不明な点は、お気軽にお問い合せください。