緑色なのに青汁と呼ばれるのはなぜ?

食生活で不足しがちな栄養素を補える青汁は、シニアの方を中心に幅広い年齢層の方から注目を集めています。そんな青汁について、「なぜ緑色なのに青汁と呼ぶのだろう」と疑問を感じた方はいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、青汁と呼ばれる理由を解説するとともに、青汁を習慣的に取り入れるコツをご紹介します。これから青汁を始めるシニアの方はもちろん、続けていくことに不安を感じている方も、ぜひ参考にしてみてください。

緑色なのになぜ「青汁」?

緑色なのになぜ「青汁」?

青汁の他にも青菜、青ネギと明らかに緑色なのに「青」と表現されている名称は少なくありません。その理由は、日本古来の言葉に関係しています。

学者の研究によると、古い日本語には色を表す言葉が「白、黒、青、赤」の4種類しかなかったそうです。研究でわかった説によると、「青」は現在の青色、緑色、紫色、灰色を表す言葉として使われていたとされています。色に関する解釈は様々なものに対して適用され、現在でもその名残が残っているのです。

青汁を習慣化させるコツ

青汁を習慣化させるコツ

毎日の健康を意識して青汁を続けていきたい場合は、自分が青汁に何を求めているのかをはっきりさせると習慣化しやすくなります。

野菜不足が気になる方

一度にたくさんの量を食べられなくて野菜不足が気になる方は、食事中に青汁を飲むのが良いでしょう。食事中は消化器官が活発になっているので、青汁の栄養を効率的に摂取することができます。青汁の味わいが気になる場合は、豆乳や牛乳に混ぜてから飲んでみてください。

つい食べ過ぎてしまう方

食べ過ぎが気になる場合は、食前に青汁を飲むことをおすすめします。食事の前に青汁をコップ1杯飲むことで、ある程度の満腹感が得やすくなります。

肌の健康を維持したい方

ダイエット中の肌トラブルが気になる方は、夕食の前後に青汁を飲むのがポイントです。お肌の細胞は、成長ホルモンの分泌が盛んな午後22時から午前2時までの間に作られます。このときに必要な栄養素がビタミン類です。夕食前後に青汁を飲むことで、運動中に失った栄養素を届けることができます。

青汁を通販でお探しでしたら、健康をサポートするAGAVEをご利用ください。AGAVEが提供する青汁は、大麦若葉の青汁に栄養豊富なモリンガの葉と乳酸菌を配合した、モリンガ青汁です。食物繊維やカルシウム、ビタミンなど人間に必要な栄養成分が豊富に含まれています。青汁の他にも健康食品をご用意していますので、ぜひご利用ください。青汁やサプリを通して、健康的なシニアライフをサポートさせていただきます。

シニア向けの健康食品(青汁・サプリなど)をお探しならAGAVEへ

会社名 AGAVE(アガヴェ)
代表者 田路 洋明
TEL 〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通7丁目1−6 日光ビル402
電話 090-1154-6892
URL http://agavekobe.com
業務内容 HMBのサプリを通販にてお買い求めいただけます。口コミでも話題の商品となっています。その他、各種サプリメント、原材料にこだわった自社のサプリをご用意しています。商品についてご不明な点は、お気軽にお問い合せください。